TEL

会社案内

将来のサイズ&ルックス

SIZE & LOOKS

All Parent Dogs are Teacup Poodles

【両親犬全てティーカッププードル】

  • 01.

    両親全てティーカッププードル

    弊社所属のパパ犬・ママ犬は全てティーカッププードル以下のプチサイズとなっております。(2017年03月時点)

  • 02.

    プードル種のサイズ規定

    プードル種のサイズ基準(大きさの基準)は体高で規定されております。

    JKC【一般社団法人 ジャパンケネルクラブ】ではプードル種を体高でサイズ分類しています。

    《体高=床面から肩までの高さ》

    スタンダード・プードル
    体高45~60cm
    ミディアム・プードル
    体高35~45cm
    ミニチュア・プードル
    体高28~35cm
    トイ・プードル
    体高24~28cm
    ティーカップ・プードル
    体高24cm未満
    体高24cm未満のトイプードルを一般的にティーカッププードルと呼んでいます。
    現段階では、犬種名をティーカップ・プードルと表記したJKC国際公認血統証明書の発行は行われておりません。
    犬種の大きさを表す基準が体重ではなく、体高で規定される理由は次の様になります。
    食事量の調整によって、体重の増減はコントロールが可能ですが、体高は変える事が出来ないからです。
    トイプードルの体高とは、床面から頭頂までの高さではありません。
    床面から概ね平らな背骨のラインまでの高さを指します。
    背中の被毛が巻毛の為ふわっとしているので、被毛を手で軽く押さえて体高を測定してください。
    トイ・プードルは体高24~28cmと規定されていますが、体高・体長共に24cmのトイプードルと、体高・体長共に28cmのトイプードルを目の前に並べて見ると、大人と子供くらいに大きさが違うと感じられます。たった各4cm程のサイズ違いにもかかわらず、実物大で比べると大きさがかなり違って見えます。
  • 03.

    両親犬のスリーサイズ

    スリーサイズとは【体高・体長・体重】データです。

    体高・体長など、両親犬の身体的特徴は、極めて高い確率で子犬へと遺伝されます。
    子犬の将来のサイズを予想する上で、両親犬のスリーサイズデータはとても重要な判断基準となります。

    弊社では、全ての両親犬のスリーサイズを管理して、代々計画交配しています。

  • 04.

    体重情報だけでは注意が必要

    購入した子犬が成犬になったらサイズ化けしてしまったと言う体験談をよく耳にします。
    親犬の体重情報だけでその大きさを勝手にイメージすると、将来のサイズ化けを招く原因となります。

    トイプードルの大きさを伝える際、一般的には体重情報しか述べられていません。
    一般の方ならともかく、ペットショップやブリーダー等のペット業界に携わるプロの人達までです。
    見識が非常に浅いと言わざるを得ません。

    同じ体重であっても、太っている体と痩せている体では、見た目の大きさはかなり変わって来ます。

    2kgの母犬が産んだ子犬の将来のサイズを予想するとします。
    中肉中背の体重2kgであれば、母犬の体高・体長は23~24cm位なので、子犬の成犬サイズも同程度と考えられます。
    肥満状態の体重2kgであれば、母犬の体高・体長は21~22cm位なので、子犬の成犬サイズは通常よりも小さく仕上る可能性が高くなります。
    “ガリプー”とか“ガリ子”と呼ばれる様な、非常に痩せた状態の体重2kgであれば、母犬の体高・体長は28cm前後あるので、子犬の成犬サイズは大きめに仕上ることが予想されます。
    もちろん、父犬のサイズ情報も併せた上で、子犬の将来のサイズを予想します。

    弊社が両親犬のスリーサイズを管理する理由です。

  • 05.

    先祖犬からの隔世遺伝

    両親犬には現れていない、先祖犬の身体的特徴が、子犬へと遺伝される可能性があります。
    隔世遺伝(かくせいいでん)と呼ばれるもので、弊社では注意して交配計画を立てています。

  • 06.

    先祖犬のスリーサイズ

    弊社では両親犬(2頭)だけではなく、祖父母犬(合計4頭)、曾祖父母犬(合計8頭)にまでさかのぼり、先祖犬のスリーサイズ【体高・体長・体重】データの把握及び管理に努めています。

  • 07.

    先祖返りを警戒した交配計画

    サイズ化けの主な原因に、いわゆる“先祖返り”が挙げられます。

    先祖犬にビッグサイズが存在すると、両親犬が共にティーカッププードルであったとしても、子孫の中に将来大きくなる可能性のある子が生まれてくる場合があります。

    弊社では、新しくパパ犬・ママ犬を迎える際は、直系三親等の血統ラインを慎重に調査して、交配計画を立てています。
    先祖返りの心配のない、代々プチサイズの血統ラインを中心にブリーディング事業を行っております。

    先祖犬から両親犬へ、両親犬から子犬へ。先祖代々のルックスやサイズ感が子孫へと連綿と受け継がれて行きます。

    大人になっても子犬の様なプチプードル。
    永遠にお人形の様に可愛らしいプチプードル。
    経験豊富なプロが、門外不出の、人気のプチサイズ血統ラインを多数創り出しています。

  • 08.

    モデル級の子犬を多数提供へ

    弊社所属のパパ犬・ママ犬から生まれる子犬の数には限りがあります。

    信頼の出来る有名・老舗犬舎様との業務提携で、安定した犬質を数多く提供出来る様になりました。
    有名・老舗犬舎様在籍犬の中でもマズルの詰まった愛玩性の高いママ犬と弊社種オスとの交配では、将来が楽しみなモデル級の子犬が続々と誕生しています。

    また、有名・老舗犬舎産の子犬の中から、お顔の可愛い優秀な犬質のパピーを厳選して譲渡提供しております。
    トイプードル・タイニープードル・ティーカッププードル・マイクロティーカッププードル等、各サイズの子犬を取り扱っています。

Adult Dog Size of 1CM Unit

【1CM単位の成犬サイズを予想】

  • 01.

    子犬のスリーサイズ成長グラフ

    子犬のスリーサイズ【体高・体長・体重】の成長データから将来のサイズをより絞り込んでいます。

    毎日計測する体重値、及び10日毎に計測する体高・体長の数値をグラフ化して子犬の成長を管理しています。

    体重に関しては誕生した日に計測した体重値が起点となりますが、体高・体長に関しては四つ足歩行を開始して間もなくした生後30日からのグラフとなります。

    誕生したばかりの赤ちゃんの体重は概ね80~160gの間に入ります。
    歩き出して間もない生後30日に計測する体高・体長は10~12cm位です。

    成犬サイズは、兄弟姉妹が生まれた日の体重値に比例する訳ではありません。
    具体例を挙げると、80gと120gで生まれた2姉妹の子犬が、成犬時には逆転している事がよくあります。
    120gの子の方が小さくなり成犬サイズは1.2kg(体高20cm・体長20cmの父犬とほぼ同サイズ)、80gの子の方が逆転して大きくなり成犬サイズは2.0kg(体高23cm・体長24cmの母犬とほぼ同サイズ)となるケースです。

    上記の具体例は何も特別なケースではなく、頻繁に起きている事です。
    将来のサイズをより絞り込む為には、個別に成長データをグラフ化して、より詳細に経過観察する事がとても重要となります。

  • 02.

    3期に分けた成長グラフの特徴

    グラフは、授乳期・母乳と離乳食の併用期・完全離乳期の3期に分けて経過観察しています。
    各期いずれも、子犬の生涯の健康を左右する大切な成長期です。

    ママ犬の母乳をたっぷりと飲んだ子犬ほど自然免疫力が高い、病気に対する抵抗力がある体が育まれます。
    成長グラフは、次に挙げる弊社の飼養方針に基づいた生育経過となります。

    【授乳期】
    ママ犬の母乳だけで育つ成長期です。
    赤ちゃん子犬は概ね3時間おきにママ犬の母乳を求めます。そして、たっぷりと飲んだ後はぐっすりと寝て育ちます。
    一生涯の中で、この赤ちゃん子犬の時期しか、ママ犬の母乳を飲む事が出来ませんので、自然に乳離れするまでママ犬が傍にいる環境で育ててあげる事が我々人間の務めです。
    また、子犬が離乳食を食べられる状況にあっても、母乳しか求めない時期を授乳期と定義しています。

    弊社では、授乳期を最重要生育期間として考えています。
    子犬の成長グラフの中で最も急激な増加率を示す時期だからです。
    ママ犬と引き離して、お腹を空かした状態にした上で、強引に離乳食を食べさせる行為はNGとしております。
    子犬が自然に求める限り母乳を優先して与える事が弊社の方針です。

    母乳オンリーで育つ期間は、個体差があり、生後30日頃(生後1ヵ月頃)から離乳食との併用を始める子から、生後90日頃(生後3ヵ月頃)まで母乳だけで育つ子犬もいます。

    【母乳と離乳食の併用期】
    母乳中心から、離乳食へと自然にウエートが移って行く期間です。
    強引に母乳から離乳食へと切り替える様な事はしておりません。
    あくまでも、子犬が求める限り母乳を飲める環境を優先した、離乳食との併用期間となります。

    こちらの期間も子犬の身体の基礎を形成するとても大切な成長期となります。
    子犬の成長グラフは急激な増加率から、離乳食へとウエートが移るにつれて緩やかな増加率となって行きます。
    制限を設けずに、子犬が自然に求める十分な量の母乳と離乳食を与える事が弊社の飼養方針です。
    通称“ミルク絞り”と呼ばれる母乳制限、及び離乳食制限などは、将来深刻な病魔を引き起こしかねない“百害あって一利なし”の行為です。子犬の体重やサイズを抑えて販売する行為や、乳離れもしていない子犬を展示して幼生さを売りにして販売するペット業界に蔓延る(はびこる)商習慣に対して、弊社では犬界の諸先生方と協力して行政機関へ働き掛けなどの活動を行っております。

    併用期間は、早い子で生後30日頃(生後1ヵ月頃)から、未熟児などの遅い子で生後90日頃(生後3ヵ月頃)から始まります。
    通常は、生後60~90日の間に乳離れを迎えます。同時に、離乳食もカリカリフードへ移行しますので、併用期間は生後2~3ヵ月で終ります。

    【完全離乳期】
    完全に乳離れした後、離乳食からカリカリフードへ移行した期間です。
    子犬の身体が成犬へと仕上って行く最終段階の成長期です。
    先祖犬・両親犬から受け継いだDNAの設計図通りの成犬サイズに成長します。
    子犬は成長に必要な栄養を自然と求めますので、食事が足りていないという状況であってはいけません。

    弊社の飼養方針は、子犬がいつでも食べられるように置きごはんにしております。
    制限を設けずに、子犬が自然に求める十分な量のフードを与える為です。
    成長期は、子犬の体重の3~5%に当たるドッグフードの量が1日当たり必要です。
    子犬が1日に食べるフードの総量と、1日当たりの体重の増加量を毎日計測します。
    この時期の成長グラフの特徴は、授乳期の増加率よりも低く、月齢と共に更に緩やかになって行きます。

    自然に乳離れするまでママ犬の母乳をたっぷりと飲む事が出来る環境で生育されて、離乳後の成長期は十分な量のドッグフードを与えられて健全に育った子犬は、生後6ヵ月を経過する頃には成犬サイズに概ね仕上ります。

  • 03.

    月齢毎のスリーサイズ成長率

    月齢毎のスリーサイズ【体高・体長・体重】の成長率(成長度合い)です。

    弊社の飼養方針に基づいた成長データとなります。

    ママ犬がいつも側にいる環境で、子犬が自然に乳離れするまで、母乳飲み放題で育てる。
    食事制限をしない。食べ過ぎて便が緩くなる等の特段の理由がない限り、常時置きごはんにして、子犬が自然に求める十分な量のフードを与える。
    しっかりした身体の基礎を作る、子犬の生涯の健康を優先した生育方針に基づく、健全な成長グラフの特徴です。
    月齢毎の成長率とは、成犬時の各サイズ値【体高・体長・体重】を100とした場合の成長度合いを表します。
    骨格サイズ【体高・体長】の方が【体重】よりも成長する割合は早いです。
    弊社のサイズ実績に基づいた統計値です。
    生後1ヵ月(生後30日目)
    体高/成長率50~55%
    体長/成長率45~55%
    体重/成長率25~40%
    生後2ヵ月(生後60日目)
    体高/成長率60~70%
    体長/成長率60~75%
    体重/成長率50~60%
    生後3ヵ月(生後90日目)
    体高/成長率80~90%
    体長/成長率80~90%
    体重/成長率70~75%
    生後4ヵ月(生後120日目)
    体高/成長率90~95%
    体長/成長率90~95%
    体重/成長率80~90%
    生後5ヵ月(生後150日目)
    体高/成長率95~100%
    体長/成長率95~100%
    体重/成長率90~100%
    生後6ヵ月(生後180日目)
    体高/成長率100%
    体長/成長率100%
    体重/成長率100%

    上記のスリーサイズ【体高・体長・体重】成長データから、1CM単位の成犬サイズを割り出しています。

  • 04.

    兄弟姉妹のサイズ実績

    同じ両親犬から生まれた兄弟姉妹のサイズ実績はとても重要です。

    弊社では、初めてのカップリングで誕生した子犬のクオリティーを総合的に審査して特徴を記録します。
    また、子犬期のスリーサイズ成長データ、及び、成犬時の仕上りサイズも調査の上、記録保存しております。
    特に問題が無ければ、同じカップリングで2回目以降の交配を継続・実施します。

    同じパパ犬&ママ犬を両親に持つ兄弟姉妹たちは、ルックスやサイズ感などでやはり共通した特徴を有しています。
    子犬の将来のサイズを予想する際、以前生まれた兄姉のサイズ実績は重要な判断材料になっています。

  • 05.

    子犬の身体的特徴

    子犬の身体的特徴には、将来のサイズ感が現れています。
    豊富な経験値により、子犬の身体的な特徴として現れる様々なシグナルから総合的に判断します。

Muzzle to Decide The Cuteness of Face

【お顔の可愛さを決めるマズル】

  • 01.

    マズルとは

    上顎(うわあご)と下顎(したあご)を合わせた、お顔から突き出た部分をマズルと呼びます。
    上顎の先端にある黒いお鼻と、上下の顎の間にあるお口の部分から成るので、鼻口部(びこうぶ)とも表現します。

  • 02.

    マズルの長さ

    黒いお鼻の先からマズルの付け根部分までの距離を指します。
    弊社では、両目下の頬骨辺りにメジャーを垂直に当て、黒いお鼻の先端までの長さを測定しています。

  • 03.

    プードル種のマズルの長さ

    マズルの長さはプードル種のサイズ毎に概ね次の様になります。

    スタンダード・プードル
    マズルの長さ/10cm前後
    ミディアム・プードル
    マズルの長さ/7~8cm前後
    ミニチュア・プードル
    マズルの長さ/6~7cm前後
    トイ・プードル
    マズルの長さ/5~6cm前後
  • 04.

    マズルの種類と人気トレンド

    犬種は頭蓋骨の長さとマズルの長さの比率によって長頭種・中頭種・短頭種に分類されます。

    長頭種(ちょうとうしゅ)
    シェパード・ダックス他
    中頭種(ちゅうとうしゅ)
    トイプードル・ポメラニアン他
    短頭種(たんとうしゅ)
    パグ・フレンチブルドッグ他

    元々、犬は長頭種で、マズルが長い容姿が本来の犬らしさを象徴していました。
    マズルが相対的に短い中頭種や、マズルがほぼ無い短頭種は人間によって作り出された種類です。

    長頭種はいかにも犬らしいという印象で、大型犬はたくましくて野性味が溢れていますが、可愛らしさと言う点では欠けてしまいます。
    短頭種は鼻ペチャのお顔が愛嬌があって可愛らしいと感じるか、一方で俗に“ブサ顔”とも呼ばれており、人によって好みが分かれてきます。
    中頭種は比較的サイズも小さくなり、愛玩性が高く、可愛らしい犬種が多くなります。

    日本では、室内犬として飼い易い小型犬が圧倒的な人気で、その中でもマズルが短めの犬種がペットブームの中心となって来ました。
    代表的な犬種にトイプードル・ポメラニアン・チワワが挙がります。
    しかし、近年ではもっとマズルを短く改良したティーカッププードル・ティーカップポメラニアン・ティーカップチワワと呼ばれる極小タイプの犬種に関心が高まっています。
    希少な存在もあってか、大手マスコミもこぞって取り上げるなど注目を浴びる機会も増えており、年々人気トレンドが上昇しています。

  • 05.

    お顔の可愛さを決めるマズル

    マズルが短くなるほど、頭蓋骨の大きさも小さくなり、小顔になって行きます。
    お顔の造りも、マズルが長かった頃の本来の犬らしさが影を潜め、本当のお人形かと想う位の容姿となります。
    体のサイズもよりコンパクトに小さくなるので、その可愛らしい容姿に更に拍車が掛かります。

    マズルの短い、お人形顔のプチプードルに人気が集中しています。
    日本のファンのみならず、世界のプードルフリークからも注目される存在となっております。

  • 06.

    マズルが伸びてしまう子犬

    子犬のマズルが成長と共にニョキニョキと伸びてしまった経験をされた方が多くいらっしゃる様です。

    子犬へ遺伝されたものが、成犬になった時に身体のパーツ毎で、両親犬、あるいは先祖犬の特徴がハッキリと現れる事がよくあります。

    当然、両親犬のどちらかでもマズルが長ければマズル化けの可能性が高くなりますが、仮に両親犬共にマズルが短いプチプードルであったとしても、次の様な理由でマズル化けが起きる事がありますので注意が必要です。

    マズル化けは“先祖返り”が原因で起きます。
    2、3世代程度と交配経験が浅いと、先祖犬の中にマズルが長いプードルが存在する可能性が高く、隔世遺伝が原因でマズル化けに繋がります。
    また、パパ犬・ママ犬を他犬舎から購入する際、信頼関係が構築されていない犬舎であったり、調査が甘かったりすると、やはり隔世遺伝が原因でマズル化けを招く事になります。

    弊社が、代々交配計画を立てて実施する理由がここにあります。
    サイズの小さいティーカッププードルでもマズルがかなり長めのタイプが存在します。弊社では、交配犬には不向きと判断しております。

Orders from World Celebrities

【世界のセレブからオーダーの実績】

  • 01.

    セレブプードル

    弊社では、トイプードルの可愛さをより一層極めたプチプードルをお客様に譲渡しています。
    マズルがギュッと詰まった“洗練されたセレブ感あふれるプチプードル”です。

    子犬から成犬になっても、ずっとお人形の様に可愛らしいプチプードル。
    着せ替え人形の様に色々なお洋服が楽しめて、様々なカットスタイルでガラリと変身も可能です。
    いつでも、どこでもモデル犬気分を楽しんでいただけます♪

    『この子とお出かけすると、いつも注目されますね。』
    お客様から嬉しそうによくおっしゃっていただく言葉です。

  • 02.

    弊社でご購入のお客様

    おかげさまで、トイプードルを愛するお客様に恵まれて来たと感じております。

    『愛犬との生活が楽しみです。』
    『プライベートを充実させたいですね。』

    子犬を譲渡する際に、お客様からよくお聞きする会話です。
    様々な分野でご活躍されるお客様にとって、お仕事から離れた際、御家族とのプライベートな時間を大切にしたいとの想いが強く伝わって来ます。

    トイプードルを初めてご購入されるお客様には、犬種独自の特性や飼い方全般に渡り、丁寧にご説明しております。
    トイプードルを以前に飼っていたお客様、もしくは現在も飼っている多頭飼いのお客様にも、始めから丁寧にご説明しています。

    弊社でトイプードルをご購入下さいましたお客様は皆様、素敵な愛犬家として充実したペットライフを送られています。

  • 03.

    日本発のプチプードルを世界へ

    弊社ではこれまでに、多岐に渡る分野で様々なご職業のお客様へトイプードルを譲渡して参りました。

    近年ではとても有り難い事に、国内は元より、海外からも弊社のトイプードルを求めて来日頂いています。

    “日本の匠を世界へ”をスローガンに、日本発のプチプードルを世界中のお客様へ広めて行きたいと思います。

Upper SiteMap Lower